【愛用のバッグ】ARC’TERYX Maka2の詳細レビュー

私が今一番使用しているアークテリクスのマカ2をレビューします。

軽くて収納力もそこそこあり、非常に使い勝手のいい人気のバッグです。

このようなカジュアルなバッグを持つのは初めてだったのですが、デザイン的にもベーシックな形なので全体のバランスもとりやすいです。

見た目はシンプルですが、使うとわかるマカ2の良さやデメリットなどを詳細に紹介したいと思います。

ARC’TERYX Maka2の概要

アークテリクスのマカ2です。

使用してから1年くらい経ちます。

幅 25/高さ 19/マチ 5.5、重量は180gなのでとても軽いです。

アークテリクスはお値段が高い物が多く、バックパックなどは軽く20000円を超えるものが多いです。

ですが、そんな中こちらのショルダーバッグは5500円(税込)となっていて、比較的手が出しやすい価格なのも人気の一つだと思います。

色もたくさんあり、赤もかわいいなと思いましたがベーシックに黒を選びました。

後継モデルのMantis2

ちなみにマカ2はマイナーチェンジして新しく名称もMantis2になっています。

リンクを載せていますが、この中でも必ず公式取り扱いのあるお店を選ぶことをお勧めします。

マンティス2ではマークの位置が右上にずれたり、バッグの素材なども変わっているみたいです。

中の基本的な作りや容量は変わっていないみたいなので、マカ2がまだあるうちはお好みでどちらか選べます。

ARC’TERYX Maka2の詳細

マカ2の裏側はクッション性のある素材になっています。

身体にあたる部分なので、ゴツゴツしなくて快適です。

そして背面にはスマホを入れるポケットがあります。

スマホは頻繁に出し入れするものなので、取り出しやすい場所にあると便利です。

前方ファスナーのポケットです

中は明るいグレーです。

明るめの色なので、中のものが見つけやすくなっています。

中にはキークリップもついてます。

こちらマカ2では黒ですが、マンティス2では赤に変更になったみたいです。

メインの収納部分を開くとこんな感じです。

この画像を撮っていて気付きました。

あれ?

もう1個ポケットがある!!

デデン!

1年も使ってるのに気付きませんでした。

こちらジッパー式のセキュリティポケットとなっているそうです。

持ってる本人も気付いていないので、セキュリティーはバッチリだと思います〜笑

500mlのペットボトルと並べてみます。

サイズ感はこんな感じです。

このペットボトルをバッグにイン!

ジッパーもちゃんと閉まります。

コンパクトな折り畳み傘も入れられるので、特に買い物などをしない日など十分な容量のバッグになります。

ARC’TERYX Maka2のデメリット

特に私は使って問題ないですが、デメリットを挙げるとしたら背面のスマホ収納スペースだと思います。

4.7インチのiPhoneにスマホカバーを付けてギリギリ収納できるサイズなので、これより大きいスマホだと入らない可能性があります。

この他にデメリットだなと思うのは、人気なので人と被る可能性があることくらいかなと思います。

デザイン的にもシンプルなので、私は被ったとしてもさほど気にはなりません。

偽物に注意が必要

アークテリクスは人気があるので、当然マカ2にも偽物も存在するようです。

某ショッピングサイトでも安く売られている物も多いので、注意が必要です。

安物買いの銭失いにならないように気を付けたいものです。

旧モデルのマカ2も段々と在庫がなくなってくると思います。

公式取り扱いのあるお店を選ぶことをお勧めします。

Maka2より小さいバッグと大きいバッグ

ARC’TERYX Mantis1 (Maka1)

マカ2よりももう少し容量が小さいものがいい人にはマカ1(現Mantis1)もあるのでそちらもおすすめです。

中の使用や外観の作りはほぼ一緒なので、こちらでも使い勝手はいいと思います。

公式取り扱いのあるお店を選ぶことをお勧めします。

ARC’TERYX Arro8

マカ2よりひとまわり大きいサイズだと、アロー8というバッグがあります。

公式取り扱いのあるお店を選ぶことをお勧めします。

こちらはA4サイズを持ち歩くのは難しいですが、薄手の上着だったりその他プラスアルファも入るサイズになってます。

ちょっとした買い物であれば、まとめてバッグに入れられるので便利だと思います。

ARC’TERYX Mantis26

同じアークテリクスのバックパック、Mantis26も愛用しています。
【購入品紹介】ARC’TERYXのMantis26のレビュー

Mantis26もなかなか使い勝手の良いバッグなのでおすすめです。


以上愛用のバッグの紹介でした。

大事にこれからもフル活用していきたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました